面白不思議なクマの世界

  • 2016.03.28 Monday
  • 10:54
JUGEMテーマ:読書

『日本のクマ――ヒグマとツキノワグマの生物学』坪田敏男・山崎晃司編 東京大学出版会
 
 過日、某博物館でツキノワグマについての講座があったので、自然とかかわりを深めている身としては、一般教養としてもクマのことを少しは知っていなければと、気軽に参加した。短時間の講座だったけれど、内容はなかなか興味深くて、これまで知らないことをいろいろ教えてもらって充実した時間を過ごすことができた。
 そのときの講師がこの本の編著者の一人であることを知って、さっそく図書館で借りて読んでみた(定価5800円なので、とても買えません)。
 一般向けの解説書ではなく学術書なので、わけのわからない専門用語や、複雑な表や数字の羅列などややとっつきにくいところもあるのだが、こちらは専門家でもなんでもないから、そういうところは軽く読み飛ばして、結論的なところを重点的に読んでいった。ヒグマについては、本州にはいないからこれも斜め読み。せっかく力を入れて書いてくれた執筆者には申し訳ないけど、なにしろ図書館には期日までには返さなけりゃならないもので。
 その限りでも、いろいろ知らないことを知ることができて、とにかくわくわく感でいっぱいになれた。読んでいる途中から、本の知識を受け売りして友人に自慢することもできたのである。
 ツキノワグマは私達にもかなり身近な生物でありながら、普段は森の中で暮らしているし、動いているときに接近して観察することもできない(そんなことをすれば、観察者の命が保証されない)ので、研究者にもわからないところがいまだに随分あるらしい。それをGPSなどの新しい手段も駆使して少しずつ解明しつつあるというのが現状のようだ。
 数か月の冬眠を経ても筋肉量は1割程度しか落ちず、刺激があればただちに立ち上がって戦闘モードになれることなど、初めて知ることもずいぶんあったし、食性や行動様式など、これまで漠然と考えていたことがかなり見当はずれだったこともわかった。
 なかでも興味深かったのは雌の生態。冬眠中に出産することも驚きだが、初夏に交尾しても妊娠・出産に耐えられる栄養状態になるまで受精卵が着床せず、栄養不十分の時は着床を止め、妊娠そのものをやめてしまうのだという。なんという神秘的な生き物なのだろうか。
 クマは今、世界的には絶滅の危機にある。日本でも九州では絶滅とされているし、西日本・四国ではかなり厳しい状況に置かれている。それでも日本は、世界の8種類中のクマのうちヒグマとツキノワグマが比較的に高い密度で生息しており、「世界に誇れる数少ないクマ生息国」(序章より)だという。人間との関係では、農産物被害や時として人的被害があるために難しい局面に行き当たるときもあるが、この魅力的な動物を長期にわたって保全していくために何ができるのか、これからは、そんなことも考えながら山野を歩きたいと思う。
 
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM