春の観察会

  • 2016.03.27 Sunday
  • 16:51
観察会桐生市自然観察の森でおこなわれた「春の観察会」に参加してきた。晴れたり曇ったりだったが、それほど寒くはなくまずまずの観察会日和だった。
参加者は20数名で、観察の森の所長など常勤スタッフが説明。昆虫類はまだそれほど多くが動き出していないので、植物観察がメインとなった。
スミレはタチツボスミレ、コスミレなど4種類、エドヒガン、キブシなどの木の花もいくつかあり、望遠鏡でカツラの花を見て驚く人もいた。
カタクリのところでは、実生の細いカタクリの葉は「初めて見た』という人もいて、それなりの勉強になったようだ。カッコソウも数株、はやばやと花をつけていた。
池の周りはヒキガエルの春の祭典が最高潮に達しており、参加者一同じっくり見られたことにいたく感動した様子だった。
 写真は、地面に落ちているコブシの種などを探している参加者。
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM