キンカンの甘露煮

  • 2016.01.27 Wednesday
  • 11:36
キンカン甘露煮妻が、とても食べきれないほどたくさんのキンカン(金柑)をいただいてきた。どうしようか迷っていたら、いとも簡単に「甘露煮がいいよ」とのたまう。
じゃあやってみるかと、気軽な気持ちでインターネットからよさそうなレシピを引き出し、初めての挑戦をしてみた。
全部で2キログラム以上あったのだが、それはいかになんでも多すぎるだろうと、半分の1キロにしてみた。
水で洗ってヘタを取り(これが結構固いのだ)、味が染みやすいように包丁で切れ目を入れ(相手が小さくて丸いので、これも一苦労)、熱湯で3分茹でたら水で冷やすこと1時間(写真左)。これで渋みが抜けるらしい。
あとはそれを鍋に移し、ひたひたの水を入れ、砂糖(うちはサトウキビだけでつくった無精製の「花見糖」)500グラムをいれて、弱火でひたすらことこと煮る。
1回、ふたをずらさなかったら汁が鍋からあふれてあわてたが、それ以後は順調に煮詰めることができた。だが、とにかく時間がかかる。ほかの夕食の支度をし、夕飯を食べ終わってもまだ十分皮が柔らかくならない。
結局、完成までほぼ2時間半煮続けることになった。下ごしらえを含めれば4時間もかけた“大作”となったのである。妻は提案して、出来上がったものを食べるだけだから気楽なものである。
まあそれでも自分的には、なかなかうまくできたと思うが、とにかく夫婦2人ではとても食べきれないので、いろいろな人に配って歩かなければ。
 
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM