シダの神秘 前葉体

  • 2015.12.26 Saturday
  • 17:49
前葉体シダの前葉体である。
昨日、桐生観察の森の金曜植物クラブの例会で森の中を歩いているときに見つけ、テーブルに乗せてとった写真だ。前葉体そのものはごく薄いので、ピンセットでつまんでテーブルに移すときあちこちが切れてしまった。なので、この写真は元の前葉体に比べるとだいぶ歪んでいる。
前葉体というのは、シダの胞子が成長してできたもので、葉緑体があり、光合成をおこなう。このひとつの体の中に造精器と造卵器が作られる。
写真の下の方の黒ずんでいるところにある造精器が精子をつくり、排出する(水の中を泳いで他の前葉体に向かう)。
他の前葉体から来た精子を造卵器(写真ではよく分からないが、上側の大きく湾入したところにある)が受け止めて受精する。
写真の前葉体は、すでに受精が完了し、シダの幼体(真ん中のスプーンのような形のもの)が成長し始めていると思える。
シダは花を持たないので、胞子からこの前葉体を経て新しい命をつないでいく。シダの観察を始めてから2年余。ようやくこの神秘的なものの姿を目の当たりにすることができた。
 
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM