雨をついて地質の観察

  • 2015.12.13 Sunday
  • 18:02
鍾乳洞2鍾乳洞1今日は、桐生市の「カッコソウ協議会」主催の「観察会 豊かな大地が森をつくる」に参加した。内容は、地層などを観察しながら、地域の山々の成り立ちを学ぶことだ。
1時間程度の座学の後、講師に案内されて梅田地区に向かい、様々な岩石や地層、鍾乳洞などを観察した。
地質に関しては、たしか高校の時に地学という授業があって、そこで学んだと思うが、すでに半世紀近い歳月がたち、どんなに努力しても記憶の中からよみがえってこない。なので、ほとんど一からの勉強。
チャート、玄武岩、砂岩などの言葉が出てきて、実際にそれを見たり、ハンマーでたたいてみたりしたわけだが、まあ、何かを理解したというよりは、そういう世界に触れることの楽しさを味わったというのが実感である。
天気予報がはずれてずっと雨にたたられ、予定した化石掘りの場所まで行けなかったのは残念だった。でも、小規模ながら、桐生市にも鍾乳洞があることを知り、その中に入って見られたのは大きな収穫だった。写真は、その一コマ。
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM